個人再生すると借金の総額はどれだけ変わる?

個人再生すると借金の総額はどれだけ変わる?

個人再生すると借金はどうなるの?

個人再生は借金の総額が大幅に減額される手続きです。

 

とても返済できないほど多額な借金に膨らんでしまっても、
裁判所に提出した再生計画が認可されれば、原則5分の1までに減額されます。

 

その減額された借金を3年間の返済期間でお支払していきます。

 

特別な事情がある場合は5年間の返済期間を認めてもらえます。

 

最低弁済額は借金の総額によって変わる仕組みになっています。

 

借金の総額が500万円以上1500万円未満の場合は借金額が5分の1となります。

 

1000万円の借金があったとしても200万円まで減額されます。

 

200万円を3年の分割でお支払するのですから、大まかに計算して月々5万5千円ほどと、月々の返済がかなり楽になります。

 

自己破産はすべての借金が免責されますが、個人再生は返済が前提になっているので、安定した収入を得られる見込みがないと利用できません。

 

ですが自己破産のようにマイホームを差し押さえから競売にかけられることなく、住み続けながら債務整理を行えます。

 

個人再生の再生計画案の作成は中々ご本人では難しいので、弁護士や司法書士にお任せされたほうがスムーズに確実に手続きが進みます。

 

自己破産はしたくないけど借金の返済は何とかしたい。

 

そんなときは個人再生ができるかどうか専門家にご相談ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ