個人再生にかかる費用は?相場が知りたい!

個人再生にかかる費用は?相場が知りたい!

個人再生法は2001年4月に始まったもので、最近になってようやく周知してきた新しい債務整理方法の1つです。

 

個人再生には主に小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があり、どちらも裁判所に手続きして、多重債務を大幅に減額できる方法です。

 

但し個人再生の対象になるのは住宅ローンを除いた総債務額が5000万円以下の場合のみで、自己破産のように一切の債務返済免除はなく、3年~5年の期間内に分割で弁済していきます。

 

ですから、一定期間ごとに決まった収入を得られる個人のみが再生を図れる方法です。

 

個人再生した時の債務の減額幅は任意整理するよりも大きくなり、引きなおし計算された基準債権総額の最低は100万円としています。

 

例えば基準債権総額が500万円未満は最低返済が100万円、500万~1500万以下の債権額の場合はその5分の1、更に3000万円以上の場合は10分の1と、多額債権があるほどに減額できる幅は大きいです。

 

また自己破産とは違って、車や住宅も残したまま借金の一部を免除できるという事で、普通の生活はある程度保証される制度です。

 

この制度は特に債務が住宅ローンに比重がかかっていて、給与を生活費に廻すのが非常に苦しいという人への救済措置という面でも優れています。

 

個人再生は他の債務整理と比べても費用は高額ですが、手続きを1人でするのは困難な事が多いので、弁護士や司法書士の腕が一番必要とされる手段になります。

 

ちなみに費用はだいたい相場で47万円前後だそうです。

 

ただし、事務所によってばらつきがあるので、ご自分で気になる事務所をかたっぱしから聞いていくのがいいでしょう。

 

さらに知っておきたい個人再生デメリットについて。


ホーム RSS購読 サイトマップ