個人再生と自己破産どちらがいい?

個人再生と自己破産どちらがいい?

個人再生と自己破産の違い

抜本的に多額の借金から逃れる方法には、自己破産と個人再生があります。

 

自己破産をすると財産がすべてなくなる代わりに、借金はゼロになります。

 

一方、個人再生の場合は債務がゼロにはならず、大幅に減額された借金を原則3年でもって返済していくことになります。

 

ただし、個人再生には住宅を残しておけるという自己破産にはない大きなメリットがあります。

 

また、自己破産には資格制限というものがあり、司法書士や税理士、会社の役員、保険外務員、警備員などの職業に就いている場合は、免責が許可されるまで仕事をすることができません。

 

個人再生にはそのような制限はありません。

 

さらに、個人再生には自己破産のような免責不許可事由というものがなく、借金の理由がギャンブルや浪費、投資であっても問われることはありません。

 

しかし、自己破産とは異なり、住宅ローンを除く借金が5,000万円以下であり、且つ継続的に安定した収入がある、などの条件を満たさないと個人再生の認可が下りません。

 

そのため、自己破産に比べると手続きが複雑になりがちで、費用に関しても高くなる傾向にあります。

 

ちなみに、信用情報機関にブラックリストとして登録されたり、官報に掲載されたりすることは、個人再生、自己破産とも変わりはありません。

 

また、一部の借金だけを対象にするということができないことも共通しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ