個人再生後はクレッジカードは使えない?

個人再生後はクレッジカードは使えない?

個人再生後はカードは使えない?

個人再生にはデメリットがあります。

 

もちろん、メリットは借金が減るという部分です。

 

一方で、デメリットというものですが、クレジットカードの作成というものになります。

 

個人再生をしてしまうと、信用情報にその情報が掲載されてしまいます。

 

いわゆる、ブラックリストというものです。

 

金融事故を起こしたと記載されてしまいますので、注意が必要です。

 

そもそも、クレジットカード業者は、そのブラックリストを見てカードを発行するかを決めているわけです。

 

個人再生をしてしまうとカードは基本的に作成はできないと思ってください。

 

しかし、安心してほしいのが、ブラックリストの記載は永遠ではないという事です。

 

一定期間のみとなりますので、不安に思う事はありません。

 

将来的には、クレジットカードを再び作ることができます。

 

では、どれくらいの期間に渡りカードが作成できないのでしょうか。

 

5年から7年と言われることもあります。

 

また、5年から10年と言われることもあります。

 

少なくても5年間は作成できないと思っていただいて間違いありません。

 

最長で10年かかるというわけです。

 

5年ほど経ちましたら、半年に1回程度でカード作成の審査を受けても良いでしょう。

 

もしも、審査を突破することができたら、ブラックリストからは解除されたという事になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ