個人再生はブラックリストに載るの?

個人再生はブラックリストに載るの?

個人再生とブラックリスト

個人再生デメリットと言えば、自分がまだブラックリストに載っているかといったことを知っておけば手続きのとき、審査が下りないなどのトラブルを防げると思います。そして個人の信用情報は誰でも自分の信用情報機関から取り寄せるといったことがでいます。

 

そして自分でしていくときは色々な手続きや手間や料金が必要であり、よくわからないようなとき弁護士などにお願いして請求できます。

 

そして、個人再生は2001年に創設された新しい制度であり、皆さんにその名前が定着していないと言ったことはもちろんなのですが、弁護士の中でもまだ申し立てたことがないような方もたくさんいるのです。

 

そして個人再生の申し立ては、そもそも借金額の計算を利息制限法所定の利率でしていくといったことになり、その計算も厄介です。

 

そして再生計画案を提出するときは一定の法律の知識が求められるのです。

 

そして個人再生を申し立てる場合には、弁護士か司法書士に依頼してみると言ったことがいいのです。

 

そして安定的収入があり、さらに借金総額が5000万円以下の方で問題がなければ個人再生と民事再生制度は借金整理に絶大な効果があってひと言でいうと、借金が最高5分の1になってくるような手続きになるのです。

 

そして500万円の借金があれば、この借金は個人再生や民事再生手続きを経て、最高100万円の借金となり、これを原則36回払いで払っていきます。
そして月々2万8千円程度頑張って3年払っていくので、400万円の借金をかえさなくてもよくなるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ