個人再生の相談【借金の悩みは解決できる?】

個人再生の相談【借金の悩みは解決できる?】

個人再生とは?

個人再生法は、2001年に施行された法律である「個人債務者に関する再生手続き」の略称です。

 

法律の内容は、主に住宅ローンなど多額の借金を抱え、その返済に困窮している人を対象として、生活の再建を図ることを目的としています。

 

同法では、従来であれば破産せざるを得なかった方であっても破産を回避しつつ生活を送ることができ、かつ借金の額を大幅に減額することが可能となっています。

 

また、個人再生ローン中の住宅を競売に掛ける必要がない点も同法の特徴であり、弁済をしながら日常生活を送ることができます。

 

個人再生法は、対象者別に大きく給与所得者等再生、小規模個人再生の2つに分かれています。

 

給与所得者再生

給与所得者再生の対象者は、主にサラリーマンです。

 

弁済は、最低弁済額か可処分所得の2年分の多い方で行うことになります。

 

また、債権者は再建計画に異議申立てを行うことができません。

 

小規模個人再生

小規模個人再生の対象者は、主に自営業者やアルバイト等です。

 

弁済は、最低弁済額で行うことになります。

 

ただし、債権者の過半数が再建計画に反対した場合には、利用できません。

 

※サラリーマンに関しては小規模個人再生を利用することが可能であるため、債権者の反対さえなければ小規模個人再生を利用するケースが一般的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ